麵屋一京について


香港新ラーメン激戦区深水埗で
唯一の日本人経営の
京都ラーメン専門店です


安全・安心・毎日店内調理

当店では、スープを毎日店内で調理していますので、常に出来たてのフレッシュ・スープを楽しんで頂けます。同様にチャーシュー・メンマも店内調理し、保存料、防腐剤等を使用していません。食材の産地も厳選し、調味料の大半は日本からの輸入及び香港製造の物を使用しています。厨房や食材の衛生管理、食器類の洗い方も日本水準でおこなっていますので、どうぞ安心してお召し上がりください。

一京のこだわり

スープ

スープのこだわり


一京ラーメン:豚骨背脂チャッチャ系
豚骨醤油のスープに背脂を浮かべた京都風こってりラーメンです。スペイン産放牧豚の豚骨と数種類の香味野菜を使用し、12時間煮込んで作られた乳化スープです。背脂も同じスペイン産放牧豚の高級背脂を使用し、甘みと旨味を感じながらも食後に重たくならないのが特徴です。


スープ

京の醤油ラーメン:生醤油の香り立つ豚骨清湯系
スペイン産放牧豚の豚骨から作る極上の清湯スープに、京都伏見産の生醤油を合わせたあっさりとしながらもコクのあるスープです。スープの表面に浮かべた自家製ラードもスペイン産放牧豚の高級背脂を使用し、スープに味の深みをプラスしてくれます。

紅京ラーメン:背脂豚骨濃厚辛味噌系
一京ラーメンの濃厚スープに特製の自家製辛味噌を合わせた、甘みと旨みを感じた後に辛味が来るスープです。辛味噌には、京都を代表する味噌 “西京味噌”を使用し、それに数種類の味噌と唐辛子をブレンドしています。辛さはお好みで調整出来ます。

醤油

醤油のこだわり

醤油は、店主の地元でもある京都伏見で創業130年以上の老舗醸造屋の鶴兵醤油を使用しています。この醤油は、昔ながらの製法にこだわり、「無添加・高品質で素材の味を生かす醤油」として京都の有名料理人、料亭、ラーメン店で 親しまれて います。老舗醸造屋との数ヶ月の交渉後、京都の有名ラーメン店でも多く使われるこの鶴兵醤油を、特別に香港内で唯一麵屋一京だけに卸して頂いています。

チャーシューのこだわり

一京のチャーシューは、京都ラーメンの特徴の一つである“薄切り”チャーシューです。チャーシューは、低温調理で肉の柔らかさを最大限に活かした作り方をしています。それを創業以来継ぎ足して使用している醤油ベースのタレに漬け込んで調理しています。

真チャーシューは熟成ポーク作りから始まります。まずシチリア産の最高級岩塩で塩漬けにし、それを7日間冷蔵庫で熟成させています。岩塩で熟成された肉は、水分が抜け旨味が凝縮し、岩塩に含まれる成分の力で赤く発色します。それをフランス料理の技法“真空低温調理”を用いて調理し、加熱による旨みの流出や肉質変化を最小限に抑え、肉本来の旨味を引き出した一品に仕上げています。

のこだわり

全粒粉入り熟成麺 切り刃22番
当店で使用している麺は日本製の小麦粉100%です。製麺は、香港で30年営業している日系製麺所に委託製造しています。30年で培った製麺ノウハウと最新の製麺機“真空攪拌機”で作られた特注麺は、店舗用小型製麺機では作れない本物志向の麺に仕上がり、麵屋一京の三種類のスープにもよく合います

味玉

味玉のこだわり

卵は、時期・地域厳選した日本産卵を使用しています。その厳選された日本の卵を、京料理によく使われるもち米のお酒で黄身の水分を吸い取り、旨味を凝縮し、黄身をゼリー状にしたのが当店自慢の味玉です。香港で人気の『流心蛋』や『溏心蛋』を日本料理の技法でさらに進化させた味玉です。

醤油

醤油のこだわり

醤油は、店主の地元でもある京都伏見で創業130年以上の老舗醸造屋の鶴兵醤油を使用しています。この醤油は、昔ながらの製法にこだわり、「無添加・高品質で素材の味を生かす醤油」として京都の有名料理人、料亭、ラーメン店で 親しまれて います。老舗醸造屋との数ヶ月の交渉後、京都の有名ラーメン店でも多く使われるこの鶴兵醤油を、特別に香港内で唯一麵屋一京だけに卸して頂いています。

お品書き

一京ラーメン

一京ラーメン

京醤油ラーメン

京醤油ラーメン

紅京ラーメン

紅京ラーメン

極上ラーメン

極上ラーメン

真・チャーシューメン

真・チャーシューメン

イベリコチャーシューメン

イベリコチャーシューメン

京醤油ラーメン

京醤油ラーメン

住所・連絡先

麵屋一京 深水埗本店
Address: 北河街116A號, 深水埗(深水埗駅B2出口駅前セブンイレブンの隣)

Opening Hours: 12:00–15:00, 18:00–21:00
Phone: 23745288
Email: Ikkyo@kakyoengroup.com 
FB: https://www.facebook.com/menyaikkyo

麵屋一京 長沙灣 Food Creative店(11月15日ソフトオープン予定)
Address: 香港九龍長沙灣青山道413號一樓Food Creative2號舖(長沙灣駅C2出口 Food Creative1階)
Opening Hours: 12:00–21:00
Phone: 29678880 
FB: https://www.facebook.com/menyaikkyo2nd/

店主紹介

村田 顕一朗 
1978年生まれ 京都市出身
麵屋一京 店主

元イタリア料理出身

京都のイタリア料理店で修行。
当時の社長は、後に日本全国に250店舗以上展開する
ラーメンチェーン店『来来亭』の創業者で、
ラーメン作りの基礎知識とノウハウも同社にて学ぶ。

その時ニューヨークのイタリア料理店にて海外勤務経験を積み、
その後京都のラーメン店『大宝』にて、本格的にラーメンの修行を始める。



2014年、『麺屋こうじグループ』に転職し来港。
麺屋こうじグループ総裁田代浩二氏が毎月来港される度に
ラーメン作りの直接指導を受け、スキルとノウハウを磨く。

『麺屋こうじグループ』は、グループ店舗数100店舗、
また“つけ麺五年連続日本一”の『中華蕎麦 とみ田』や、
真空低温調理のチャーシューをラーメン業界で初めて用いた

『麺屋一燈』などの日本屈指のラーメン店を数多く輩出している。


2015年、“香港のラーメン達人” Meter Chan氏のつけ麺ラーメングループに転職、
そこで香港人スタッフとの働き方や香港人のお客様の好みの違いを学ぶ。



2016年、香港法人の飲食店グループから依頼を受け、
本格的にラーメン店プロデュース業を開始。

「香港にて本場の味を提供する店を作りたい」という想いから、
2016年 5月香港新界 葵芳に京都ラーメン『麵屋丸京』をプロデュース。

そして同年12月に『麵屋丸京』二号店を九龍 観塘にプロデュース。

2016年10月、蘭桂坊にて、イタリアンの知識を駆使し、
スペイン発の新料理法“分子ガストロノミー”を応用したラーメン店『SAKON 左近』をプロデュース。

日本国外初のエスプーマのラーメンや世界初の光るラーメン等を創り出し、
香港の大手新聞・雑誌から連日取材が殺到、香港のナイトシーンに『シメのラーメンの文化』を根付かせる。



2017年3月、自分自身で独立会社を立ち上げるに伴い両店舗とのプロデュース契約終了。

2017年4月、自身で香港法人を設立、同年8月さらなる味の向上を求め、
店主の地元京都伏見の醤油、酒、調味料等をふんだんに使った
京都ラーメン『麵屋一京』を九龍エリア 深水埗区にオープン。

人材募集

募集職種

店舗スタッフ(キッチン又はホール)

当店では、店舗スタッフを随時募集しています。下記に当てはまる方は必見です。

  • ラーメン、日本食、日本の文化等が大好きな方
  • 日本語を勉強中で、ワーキングホリデーを利用し日本に行ってみたい方
  • 日本人が創り出す“本物”の伝統と最新料理技術や考え方を学びたい方
  • 日本に興味は無いが、自分の人生には興味がある独立心の強い方
給与

フルタイム

  • キッチン HK$15,000以上可能 試用期間HK$14,000
  • ホールHK$13,000以上可能 試用期間HK$12,000

パートタイム
  • 時給HK$50
業務内容 調理・調理補助・接客・清掃
条件
  • 学歴不問・未経験者歓迎
  • 日本語が話せる人又は勉強中の人
  • 日本の文化や歴史が好き又は興味がある人
  • 責任感がある人・成果報酬の仕事が好きな人
  • 日本語・英語が話せる人は能力により優遇
福利厚生
  • 有給 8日/年 2年目から毎年1日追加 (最長14日まで)
  • MPF
  • 賄いあり
  • 誕生日休暇
勤務時間 勤務時間①
  • 10:00~21:00 
  • 15:30~17:00休憩

勤務時間②
  • 11:00~22:00
  • 15:30~17:00休憩
勤務地 深水埗
勤務時間 勤務時間①
  • 10:00~21:00 
  • 15:30~17:00休憩

勤務時間②
  • 11:00~22:00
  • 15:30~17:00休憩

ビジネスパートナー
食材・備品サプライヤー、不動産物件募集

当店では、事業展開地域及び展開予定地域において、
(1)ビジネスパートナー
(2)食材・備品サプライヤー
(3)飲食店舗物件情報を随時募集しております。
詳細につきましては、下記Emailアドレスにお気軽にご連絡ください。

Email : Ikkyo@kakyoengroup.com